So-net無料ブログ作成
オレンジデイズ ブログトップ

祝・オレンジデイズ、再放送開始 [オレンジデイズ]

TBSさん、やってくれました。昨日月曜から、オレンジデイズの再放送が始まりました。
今回の再放送は、再々々々放送ぐらいかな。

(放送予定)
9月3日(月) 9:55~10:50 TBSテレビ 1話 「声を無くしたマドンナ」
9月4日(火) 9:55~10:50 TBSテレビ 2話 「恋の始まり」
9月5日(水) 9:55~10:50 TBSテレビ 3話 「君の涙」

9月10日(月) 9:55~10:50 TBSテレビ 4話「僕の失恋」
9月11日(火) 9:55~10:50 TBSテレビ 5話「秘密の夜」
9月12日(水) 9:55~10:50 TBSテレビ 6話「彼女の恋」
9月13日(木) 9:55~10:50 TBSテレビ 7話「君が好き」
9月14日(金) 9:55~10:50 TBSテレビ 8話「結ばれる二人」

9月18日(火) 9:55~10:50 TBSテレビ 9話「悲しい運命」
9月19日(水) 9:55~10:50 TBSテレビ 10話「君がいない」
9月21日(金) 9:55~10:50 TBSテレビ 11話「君の声」 最終回

北川 悦吏子の脚本で送る青春ラブ・ストーリー。これまた出演者が揃っている。
ドラマ「ファースト・キス」もいいが、オレンジデイズもお薦めです。

主演は妻夫木聡。ヒロインは柴咲コウ。珍しいところでは、あの山田 優ちゃんも出演しています。
さらに、佐藤江梨子さんもちょい役で出ていたような。
それから主題歌は、Mr.Childrenの「Sign」です。

2004年4月11日よる9時スタート日曜劇場『オレンジ デイズ』は、6/20最終回で全11話で放映されました。

(キャスト)
妻夫木 聡 (結城 櫂 役)
柴咲 コウ (萩尾 沙絵 役)
成宮 寛貴 (相田 翔平 役)
白石 美帆 (小沢 茜 役)
瑛太    (矢嶋 啓太 役)
小西 真奈美 (高木 真帆 役)
山田 優   (佐伯 そよ子 役)
上野 樹里 (桐島 あゆみ 役)
小日向 文世 (堺田 教授 役)
風吹 ジュン (萩尾 ゆり子 役)


あの曲は [オレンジデイズ]

そう、沙絵がホテルのラウンジで弾いていた曲は、ドビュッシーの「アラベスク第1番」でした。
英雄ポロネーズと同じく、気になっていた曲で、聞き覚えがある曲なのですが、
曲名を知りませんでした。
ドビュッシーの曲で知っていると言えば、唯一『月の光』ですかね。

どうしても知りたくなったので、探しました。
餅は餅屋、なんとオレンジデイズの質問箱で見つけることができました。
それが、これだ。

『Q17. 6話のなかで、沙絵がホテルラウンジで弾いていた曲は、なんという曲ですか?
Page01 / 01 |
BBSで何人かの方が曲名を書いてくださっていたので、もうご存知の方も多いかと思いますが、念のために質問箱でもお答えしましょう。あの曲は、ドビュッシーの「アラベスク第1番」です。
ちなみに、アラベスク(arabesque)とは、英語で「アラビア風の」という意味。それが転じて「装飾的な」という意味ももち(アラビア風の模様って装飾的で華やかですもんね!)、音楽で「アラベスク」というと、装飾的・幻想的な楽曲をさすことになったのだそうです。』

下記1より引用。
ドビュッシーをもっと知りたくなったので、調べてみました。

アラベスク1番
クロード・アシル・ドビュッシー (1862 ~ 1918) フランス
Claude Achille Debussy

『「第1番」は、やわらかいアルペッジョによって、透明な色彩感がおりなされてゆきます。 18 世紀前半のフランス・バロック音楽の最盛期を築いた大作曲家たちの優雅で洗練されたクラブサン奏法と、若きドビュッシーのあたらしい感覚とが一体となって、美しい響きの世界が生みだされています。』

下記2より引用。
細やかで流れるような美しい旋律、というか、んー、なんて表現したらいいか分かりません。

引用ページ1
オレンジデイズの質問箱
http://www.tbs.co.jp/orangedays/faq17.html

引用ページ2
Classic MIDI Reinmusik
http://classic-midi.com/midi_player/classic/cla_Debussy_arabesk.htm


英雄ポロネーズを [オレンジデイズ]

今朝から聴いています。
前に書いたオレンジデイズのドラマのなかで、沙絵が弾いていました。
初めて聴くわけではないですが、なぜか気に入ったので。

ちょっと調べてみました。
ポロネーズ第6番変イ長調op.53「英雄」
フレデリク・フランチシェク・ショパン (仏名) (1810 ~ 1849) ポーランド
Fryderyk Franciszek Chopin

ショパンの名曲のひとつですね。

ある解説では、
『この曲が作曲された1842年前後はショパンの名曲が次々と生み出されており、
「英雄」はショパン円熟期の最高傑作のひとつです。
この時期ショパンは、ジョルジュ・サンドに庇護され、作曲に専念できました。
既に結核におかされていたものの、力強くダイナミックな曲調で、ショパンの
祖国、ポーランドへの強い愛国心を高らかに歌い上げています。
3部形式で書かれ、ショパンのポロネーズの中でも最も演奏される事の多い曲
です。』
、とありました。下記より引用。

ちなみに、ポロネーズは、ポーランドで古くから踊られている三拍子の舞踊曲とか。
三拍子の舞踊曲といえば、ワルツを思い出しますが、この曲で踊れるのか。
どんな踊りだ。やっぱり、ピアノの演奏曲ですよね。

解説にもあるように、『ショパンの祖国、ポーランドへの強い愛国心』が込められて
いるのでしょうが、そんなことは露知らず、華麗で力強い旋律に魅了されました。
なんかこう、主旋律の弾むような小気味いい感じが気に入っています。

引用ペ-ジ
Classic MIDI Reinmusik
http://classic-midi.com/midi_player/classic/cla_Chopin_eiyuporo.htm
フリーのmidi素材が掲載してあり、堪能させてもらいました。


昨日に続いて [オレンジデイズ]

オレンジデイズの話。
番組の主題歌は、Mr.Children(TOY'S FACTORY)の 「Sign」。
この曲は、ストーリーにマッチしていて、なかなかいい。
オープニングの弾むような曲といい、エンディングに流れる「Sign」といい、
心弾む青春、心切ない青春、そんな感じがする。


OrangeDays [オレンジデイズ]

ここ数日、オレンジデイズを観ている。
うーん、いいね。青春だなー。
キャスティングが、これまたいい。

 妻夫木 聡 (結城 櫂 役)
 柴咲 コウ (萩尾 沙絵 役)
 成宮 寛貴 (相田 翔平 役)
 白石 美帆 (小沢 茜 役)
 瑛太    (矢嶋 啓太 役)
 小西 真奈美 (高木 真帆 役)
 山田 優   (佐伯 そよ子 役)
 上野 樹里 (桐島 あゆみ 役)

このメンバーがこぞって出ているなんて、今考えると贅沢、最高。
それに、番組のホームページがまだある。
TBSさん、ありがとう。


オレンジデイズ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。